【発達障害】おムコさんの『生きる喜び何処ですか?』

【生きづらさ】を抱える【発達障害】のおムコさんの頭の中を書き出してみました

【自閉症スペクトラム障害(ASD)】が過去の職場を振り返る

どうも、ゆずゆのパパです。

 

今回は、発達障害を持っている方、特に自閉症スペクトラム障害(ASD)を持っている方の働き方について考えます。

 

最近では、『働き方改革』についてのニュースをよく耳にするようになりました。働くことは障害のあるなしにかかわらず、重要な問題の一つです。

 

発達障害の当事者だけではなく、現時点で発達障害のお子さんがいる方、あるいは、こらから発達障害と診断されるかもしれない方々にも一緒に考えてもらえると嬉しいです。

 

生きづらさと戦っている

多くの人にとって、働くことはとても大変なことだと思います。働く目的は人それぞれだとしても、少なくとも生活するには働かなければいけません。中には、働くことが好きで自分の好きな仕事に就いて、充実した生活を送っている方もいます。

 

しかし、大半の人は我慢して仕事を続けていると思います。

 

僕自身も適応障害になる前までは、何度も転職を繰り返しながらでも、なんとかお金を稼いで、結婚も無事にできました。

 

しかし、身体は正直です。無理して働いてきたツケが今になって出てきてしまったのです。心身ともにボロボロな状態で心療内科に駆け込みました。

 

そんな僕のような人生を送ってほしくありません。発達障害の方は人知れず【生きづらさ】を抱えているのです。

 

 そこで、過去に経験した職場での出来事を紹介することで、これから社会に出る方々に何かのお役に立てればと思います。

 

あれはパワハラだったのかな?

私は、新卒で入社した金融機関をわずか9ヶ月で辞めました。その短い期間でしたが色々な出来事がありました。

  • 面識のない顧客から電話で罵声を浴びせられる
  • 上司から「お前は仕事のセンスがない」と職場のみんなの前で言われる
  • 上司から「すぐにサルみたいに赤くなる」と職場のみんなの前で言われる
  • 飲み会で職場のみんなの前でパンツ一丁で踊らされる
  • 職場のみんなの前で泣き出す

 

もう10年以上前の話ですが、まだ「パワハラ」という言葉が全く浸透していませんでした。社会人の先輩方はこういう経験を通して一人前になると思っていました。

 

しかし、今考えると明らかに「パワハラ」だったと思います。

 

その後退職し、半年間のひきこもり生活を送ることになりました。その時に心療内科に受診していればもっと早い段階で自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断されていたかもしれません。

 

今更何を言っても、過去は変えられません。

しかし、自閉症スペクトラム障害(ASD)に営業の仕事は向いていないと実感しました。これから、営業の仕事を目指している方は特にご注意ください。

 

 

 

 

 

 

週末お出かけスポット(栃木県真岡市)

どうも、ゆずゆのパパです。

 

みなさん、休みの日はどのように過ごしていますか?買い物や食事に行くのもいいし、映画やカフェでデートなんてのもいいですね。はたまた、家族連れの方は、お子さんを連れて公園に遊びに行くのもいいと思います。

 

でも、せっかくの休みの日に雨が降っていたら気分が下がっちゃいますよね。お子さんをずっと家の中で遊ばせているのもどうなのかと、頭を悩ませてしまいます。

 

そこで、悩めるママやパパのために今回ご紹介するのは、栃木県真岡市で出会った駅についてです。お子さん連れのご家族には特におすすめですよ!

 

大人も子供も楽しめる駅

 この駅は栃木県真岡市にあります。『真岡鐡道』といって、今では珍しくなったSLが走ることでちょっと名の知れた駅になってます。

 

週末には鉄道オタクの方々はもちろん、多くの家族連れで賑わっています。間近で見るSLの迫力と汽笛の大きさに大人も子供も大興奮した様子でした。蒸気機関車の迫力を生で見ることができるのは大変貴重な経験になりました。

 

僕が今回訪れた日はあいにくの雨だったのですが、それでも子供たちがたくさんいました。その理由を探ってみると、なるほど!と思うことがありました。

 

『雨の日でも大丈夫! 無料でも楽しめる室内施設』

 僕が実感したこの駅の魅力は、充実した室内の遊び場が併設されていることです。『真岡駅子ども広場』といって、屋内遊技場をメインとした複合型の公共施設になっています。

 

簡単なフロアマップです▼

〇2階

  • 展示ギャラリー
  • 展望デッキ(飲食エリア)

〇3階

  • 室内遊技場(おすすめ!)                        定員:50名(定員を超えた時は、人数制限、時間制限あり)         利用対象:0歳~小学校2年生までの子と保護者               料金:無料
  • 赤ちゃんの駅
  • 研修室1
  • 研修室2

〇4階

  • デジタル写真館
  • SLギャラリー
  • 図書室
  • キッズスペース
  • Nゲージ展示
  • HOゲージ展示
  • 機関車トーマス展示
  • 授乳室
  • 展望デッキ(飲食エリア)

 

おすすめは、3階の室内遊技場

ここの室内遊技場は、僕が知っている室内遊技場では一番だと思います。

理由は

 

  1. 無料であること
  2. スタッフが常駐していること
  3. 広々としたスペース

 

まず、家庭を持つ親として料金が無料であることは大きな魅力の一つです。そして、スタッフが常駐していることで、安心して子供を遊ばせることができるのが満足でした。

 

また、広々としたスペースが確保されており、室内で遊べる遊具が充実しているのも子ポイントが高いと思います。公共の施設でここまでのクオリティの室内遊戯場は珍しいと思います。子供はずっと興奮しっぱなしで、ほぼ半日たっぷり遊ぶことができました。

 

地方には都会にはない魅力的なスポットが、まだまだたくさんあります。その魅力をご紹介することで社会貢献になればと思っています。以上、ゆずゆのパパでした。

 

自分がイイと思った方法でメンタル回復

どうも、ゆずゆのパパです。

 

適応障害で休職して以来、図書館が僕の唯一の癒しの場所になっていました。この場所にいる時は、何事もなく安心してゆったりとした時間を過ごすことができます。

それでも、夕方に帰宅する際、家に近づくにつれて気持ちが落ち着かず、頭痛と胸痛が現れていました。

 

しかし今回、新たに気持ちを落ち着かせる方法を見つけました。それはこちらです▼

 

仕事をすることの大切さ

先日、今まで僕の休職中の過ごし方について特に何も言ってこなかった義父が、突然「仕事についてくるか?」と誘ってくれました。

 

毎日が休みで、特に用事がない僕を見かねたのだと思います。

 

僕は一緒についていくことにしました。義父の仕事は簡単に言うと自営業です。『身体を動かす仕事』でキレイなスーツを着てする仕事ではありません。もちろん汚れます。

 

僕はついて行っても、特に何もせず見ている方が多かったです。しかし、外の空気を思いっきり吸ったのは久しぶりだったので、気分がスッキリしました。 

 

義父の仕事を見ていて思ったことがあります。

それは、『社会に必要とされている感覚』です。

この仕事は

 

『誰かがやらないと困る人が出てくる』

『誰かの役に立っている』

 

と素直な気持ちで思いました。

 少しばかりですが仕事をしたということで、気分転換になりました。

 

もう一つ重要なことは、『自分を肯定できた』ことです。

 

休職中、何もしていないのではない。

『こんな僕でも社会の役に立っている』

そう思えたことが、今回の大きな収穫の一つでした。

 

出力することの大切さ

みなさんは、義父と過ごすということを想像したことはありますか?

奥さんと結婚して以来、実際に2人っきりで義父と一日中過ごすのはほぼ初めてだったので、とても気疲れしました。

 

しかし以前と比較すると少しずつですが、家庭内に変化があったように思います。僕の発達障害を打ち明けた際は、義父と激しく衝突しました。今こうして休職中の僕に対して、家族はある程度理解してくれるようになりました。

 

義父と仕事の現場に向かう車内では、最初は気まずい空気が流れているのが分かりました。義父が気を遣ってくれて、色々な話題を振ってくれました。中でも嬉しかったのは、義父の過去の話です。

 

誰も自分の過去の話をするのは抵抗がある場合が多いと思います。しかし義父は僕に対して、過去の失敗大変だったこと、僕なら恥ずかしくて誰にも言いたくないであろうことも話してくれました。

 

義父の方から少しずつ、僕の心を開こうとしてくれたのだと思います。

僕も過去のことを少し話せるようになりました。

お互いに話した内容はこんな感じでした▼

 

  • 子供時代から社会人になってからのこと
  • 転職した時のこと
  • 結婚して父親になったときのこと
  • 息子(孫)のこと

 

僕は話すことの大切さを学びました。何を考えているかわからないとお互いの距離がずっと遠いままだと思います。たとえ最初は理解されなくても、自分から出力することで何かが変わるかもしれません。

 

僕の場合は、義父の仕事を通して義父のことを理解しようと思いました。仕事を分かち合い協力することで、少しだけ理解し合うことができたと思います。

 

 その日は、溜め込んでいたものが吐き出されたような一日でした。自分の周囲に漂っていた悪いもが出て行った感じがしました。それ以降、義父の仕事になるべくついていくようになりました。

 

また一歩、家族になれた気がします。

 

実家の両親にも、【オムコサン】になった自分がちゃんと新しい家族のもとで生活できていると安心してもらいたいです。

 

それにはもう少し時間がかかりますが、いつかきっと実家の両親、義理の両親、妻と子供がみんなで笑えるように、僕は僕なりに頑張りたいと思います。

3月6日までに−5kgいけるかな?

どうも、ゆずゆのパパです。

 

目指せ-5㎏

今回のテーマは【ダイエット】です。

冬になると多くの人の悩みの一つに、体重の増加があると思います。休日は特にほとんど身体を動かさないなんて日もあるのではないでしょうか?寒くて外へ出る気にならないですよね。しかも、食べ物ではついつい【甘いもの】を口にする機会が増えていると思います。

 

気づいたときにはもう後悔して、体重計に乗るのが怖くなっていませんか?

暖かくなる春や薄着になる夏までには、増加した体重を減らしたいですよね。

 

僕も同じです。ついでに僕の奥さんも同じ意見です。

 

以前のブログで、休職前から比較すると大幅な体重の増加をご報告しました。

ちなみにこんな感じでした▼

 

休職前の体重⇒58.8㎏

現在の体重⇒⇒64.2㎏(2週間前の体重)

 

うーん、体重が5㎏以上の増加…。

このままでは、マズいということで始めたウォーキングその成果を発表したいと思います▼

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200213105203j:image

 

2週間で-3.4㎏の減量に成功しました!

 

意外とすごいと思いませんか?近くのグラウンドを2周くらい歩いただけですよ。約3㎞だと思います。

一緒にウォーキングをしてくれた奥さんと実家で飼っている犬の【ゆずゆ】に感謝です。

 

 

やっぱりウォーキングは最高!

もう一つ体重の減量以外に良い効果があったのでご報告します。個人の感想ですが、それは、身体も頭もスッキリしたという事実です。

 

「うつ病は、とにかく歩きなさい!」という言葉は本当でした。

 

ウォーキングを始めてから、頭痛や胸痛が治まったように感じます。もちろん薬を服用しているおかげもあると思いますが、自然の中で空気をいっぱい吸って、何も考えず歩くことで体内の悪いものが出ていったような感覚でした。その日の夜は、もちろん熟睡できました。人間、身体を動かさないといけないなとつくづく思いました。

 

ウォーキングをしている理由

僕と奥さんがウォーキングを始めた理由がいくつかあります。

  1. 僕が【適応障害】になり、心療内科の医師に言われたから
  2. 体重の増加
  3. 写真撮影 

そうそう、約1ヶ月後に妻と子供の3人で写真撮影があるんです。前回は1年以上前の時で子供が1歳になった記念に撮影しました。

 

それから、僕の【転職】【入院】適応障害それから発達障害と色々あって写真撮影どころではありませんでした。

 

ようやく、僕の適応障害の症状が落ち着いて、時間も作れるようになったので、3月6日に家族写真を撮ることにしたんです。

 

なぜ、3月6日かというと、それは僕の奥さんの誕生日だからです。

 

結婚して約5年ですが、その間に2回も【転職】しているし、子供が誕生してから自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断されるしで心配掛けっぱなしなので、せめて写真だけでも残しておきたいと思いました。これからも幸せな時間が続くように家族で頑張って生きていきたいと思います。

 

あ、言い忘れましたが、同じくウォーキングを始めた奥さんの体重がどのくらい変化したか気になりませんか?

 

ちなみに奥さんは、-1.4㎏の減量に成功してます!

 

みなさんも是非、ウォーキングをしてみてください。おすすめですよ!

 

KEN'S CAFE TOKYO

どうも、ゆずゆのパパです。

 

先日はバレンタインデーでしたね。

みなさんはチョコレートをあげたり、もらったりしましたか?

 

バレンタインデーというと、初めてもらったのは小学校1年生の時でした。もう30年会っていませんが、あの子は今も変わらず可愛いかなぁって思い出しちゃいます。

 

最近は自分に対してご褒美としてチョコレートを買ったり、友達にあげる『友チョコ』なんてものもありますよね。

 

チョコレートの種類も豊富で、安くて美味しいものから、高級なチョコレートまであって、【甘いもの】好きにはたまらない特別な日でした。

 

そこで、今回は僕がもらったチョコレートをご紹介します。

 

と言っても、妻と義母以外にチョコレートをもらっていませんが、もらえるだけありがたいし感謝です。

 

妻からもらったコンビニチョコ

結婚当初は手作りチョコをもらって嬉しくなったのを覚えています。最近はコンビニで買える高級チョコレートにシフトチェンジしたようです。

 

決して不満があるわけではないことをご理解いただきたいです。むしろ、適応障害で長い期間、休職中の僕にバレンタインのチョコレートを与えてくれるなんて女神にさえ思えてきました。

 

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのはこちらの【甘いもの】です。

 

『ケンズカフェ東京のルビーガナッシュ』

 

あの有名なケンズカフェ東京のチョコレートをバレンタインに妻からもらいました!

 

と言っても、僕はこのケンズカフェ東京を知らないのですが、妻が言うには高級で美味しいくて有名らしいです。

 

その有名なチョコレートをコンビニでバレンタインデーの当日、お手軽に手に入れて僕に与えてくれました。

 

こんな感じの中身でした▼

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200216072454j:image

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200216072631j:image

 

まさに『ザ・高級チョコ』って感じの仕様になってます。

 

値段は言ってくれませんでしたが、やっぱり食べると美味しいです。『高級』っていうパウダーが降りかかってる分、余計に美味しく感じました。

 

普段なら、格安チョコレートを一気に大量に食べて満足するのですが、さすがにこれは、数日間かけて食べるようにします。1日2枚までにしようかな。

 

義母からの義理チョコ

ちなみに、同居する義母からは大量に入ったブラックサンダーのボックスでした。

 

これはこれで、気兼ねなくパクパク食べちゃあるので僕的には大好きなんです。

 

この場を借りて家族へのメッセージです。

『休職が長引くにつれて、家族への感謝が増しています。いつかちゃんと仕事して、借りた分以上にご恩を返したいと思っています。もうしばらくお待ち下さい』

 

今回は以上です。

 

 

 

 

あの【すなば珈琲】監修!冷凍ティラミス

どうも、ゆずゆのパパです。

 

冬はやっぱり温かいものが飲みたくなっちゃいますね!中でもコーヒーは手軽に身体を温めてくれて、ホッとした時間を過ごせる飲み物として最適だと思います。毎日飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

巷では、〇〇コーヒーや〇〇カフェ、〇〇式珈琲などオシャレで美味しいお店が続々と誕生しています。

 

ん?すなば珈琲???

今回見つけたのは、その名も【すなば珈琲】

どこかで聞いたような名前ですね〜。

 

僕はコーヒーを好んで飲むタイプではないので知らなかったのですが、コーヒー好きの方の中にはご存知の方もいらっしゃるかと思います。

 

鳥取県発祥のお店

そういえば、一時期話題になりました。

みなさんはこの言葉覚えてますか?

 

鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある

 

2014年4月、当時47都道府県で唯一スターバックスコーヒーがなかった鳥取県の平井伸治鳥取県知事の発言です。この発言をもとに地元企業「ぎんりんグループ」が鳥取市鳥取駅前に開業した、地元で展開する喫茶店です。

 

それが【すなば珈琲】

 

入手先はお馴染みCO・OP(コープ)

今回はお手軽に発見してしまいました。カタログをペラペラ〜っとしていたら、僕の大好きな【甘いもの】ではありませんか!

 

ということで、今回みなさんに応援していただきたい商品はこちらです▼

 

あの【すなば珈琲】さんが監修した【ティラミス】です。

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200206095845j:image

 

まず注目は、箱に書いてあるフレーズです。

「目指せ、シアトル!」

 

スタバを意識して作られてる感がおもしろいですね!

 

次に注目する点は、賞味期限です。

2020年12月13日と記載されます。購入したのが2020年1月なので、約1年間も賞味期限があります!長いと思いませんか?むしろ心配になりませんか?

 

でも、大丈夫!その秘密は、凍っているからです!

そう、これは【冷凍ケーキ】なんです。

中身はこんな感じです▼

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200206095849j:image

 

冷凍された状態なので、食べる数時間前に冷蔵庫に移し替える必要があります。

それでも、味は本物のティラミスです!

 

美味しすぎて、切り分けることなく、このホールごとスプーンで全部食べちゃいました!

 

解凍時間にもよりますが、中はカラメルが染み込んでしっとりとしたスポンジケーキ。その上に濃厚な甘さのティラミスのクリームの相性が抜群の美味しさでした。

 

今回も至福の時間はあっという間に終わってしまいましたが、癒されるひと時でした。

 

休職中でこんなに贅沢していいのかと思いますが、ストレスを溜めないことが一番の薬だと思い込ませてます。

 

さて、これからウォーキングして、食べた分と休職中に太った約5kgの体重を減らしてきまーす。

 

適応障害やら発達障害やらで、心が忙しい時こそ、何も考えず好きなことをしましょう。そして心療内科の先生に怒られる前にウォーキングしましょうね。

 

結局今回も、【甘いもの】の紹介で終わってしまいます。しかし、僕の発達障害に関して少しずつ進展があるので、今後のブログで報告します。ではまた。

薬よりも効果あり⁉︎うつ病にはウォーキング!

どうも、ゆずゆのパパです。

 

みなさんは最近、歩いてますか?

ただ歩くだけではありませんよ。「ウォーキング」してますか?

 

座ったまま過ごす時間が長いと、うつ病リスクが上昇!?

先日、久しぶりに心療内科に受診した際、先生から、

 「休職中、ダラダラした生活をしていると、社会復帰してもフルタイムで働けないよ!」

「うつ病は、とにかく歩きなさい!」

と怒られちゃいました。

 

確かに、本やネットで「うつ病」について調べてみると、軽い運動はうつ病予防に効果があると書いてあります。既にうつ病になっている人でも、運動療法といって「ウォーキング」は特に良い効果があるということです。

 

休職して以来ほぼ毎日、図書館に行って、パソコンの前で一日中座っている生活が続いています。

 

このままでは、マズいとは思いつつも、なかなか運動する気になりません。

その理由は、

  • 家から出るのが怖いし、面倒くさい…。
  • 1人で歩くのはちょっと…。
  • 誰かに見られたら嫌だな…。

そんなことを思って、この数ヶ月過ごしてきてしましました。適応障害で休職してから、不安が強く人目が気になって、積極的に外に出ることができなくなっています。そのため、図書館で隠れるようにブログを始めた次第です。

 

しかし、そんなこと言っていられません。いよいよ動き出す時期が来ました。

なぜかというと、働いていたころよりも体重が一気に増えてしまったからです!

どのくらい増加したかというと

 

休職前の体重⇒58.8㎏

現在の体重⇒⇒64.2㎏

 

約4ヶ月の休職中に、5㎏以上も太ってしまいました。そこで、手遅れになる前に動きたいと思います。落ちてしまった体力をなんとか取り戻すために、週に何日かでも歩くことにしました。このブログを通して体重を公開することで、みなさんに監視されている感が強くなって、頑張れそうな気がします。応援してくれると泣いて喜びます。

 

でもやっぱり、1人で歩くのは寂しい…。

 

悩んでいた僕でしたが、ピッタリの良い方法を思いつきました。

 

それは、ゆずゆの存在です!

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200207100945j:image

 

実家で飼っている愛犬です。ゆずゆと一緒に「ウォーキング」することに決めました。いつも実家に帰るとしっぽをフリフリ、喜んでくれるのでこっちも嬉しくなります。

 最近、この子も太り気味なので、一緒にダイエットです。

 

目指せ-5㎏!

 

ということで、ちょっとだけ愛犬ゆずゆの写真を載せておきます。

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200207100950j:image

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200207101030j:image

 

僕は今後、社会復帰をするために精神障害者保健福祉手帳を申請します。申請までには最低でも半年掛かるということで、あと約2ヶ月で申請が可能となります。 まだまだ、先ですが、このまま何もしないのはもう耐えられなくなってきました。

 

うつ病の症状がだいぶ良くなったので何かを始めたいと思ってます。料理やパン、手話、絵画などに興味があるのですが、なかなか教室が見つかりません。どなたか教えていただけたりしないでしょうか?ちょっと心の叫びを書いてみました。今回は以上です。 

コスパ最高!もう1つ買っちゃおう!

どうも、ゆずゆのパパです。

 

今回もおすすめの【甘いもの】見つけちゃいました!

しかも、安い!

ついつい、色々な種類の味を食べたくなっちゃいますよ!

 

そんなコスパ最高のお店はこちら▼

 

焼きたてパンとデリ

フレッシュフルーツタルトの店

『レ・フィーユ・ブティック』

 

さんです!

 

お店のホームページにも書いてある通り、食べたいものがきっと見つかる!

 

まさに

『食のテーマパーク』

です。

 

今回買った商品はこちら▼

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200129043834j:image

 

キャラメルクリームがたっぷりのカップケーキです。

もちろん、美味しいです!

 

この安さで、この美味しさは感動でした!

 

是非、みなさんもご自身で確かめに行ってください。

 

詳しいお店の情報はこちら▼

http://www.lesfeuilles.jp/shop/shop02.html

 

 

 

甘すぎない生クリームが絶品!

最近、適応障害で休職していることに対して、罪悪感が薄れてきてしまったとです...。どうも、ゆずゆのパパです。

 

今回も体が甘いものを欲しているので、スイーツのご提案をして、勝手にこのお店を応援しちゃいます!

 

今回、登場するお店は、

 

フランス菓子『ル・アンジェ』さんです!

 

何が素晴らしいかというと、

 

甘いものを食べている罪悪感を忘れさせてくれる、甘すぎない生クリーム

 

それでいて、

 

ケーキを食べた満足感が得られて、不思議と幸せになる感覚

 

を味わえるのが、こちらのお店の特徴です!

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200203151748p:plain

 

ケーキというと特別な時に買うイメージですが、こちらは普段使いができるフランス菓子のお店だと思います。「ちょっと甘いものが食べたいな」「手土産に買っていこう」というときにも、おススメです。

 

また、クリスマスシーズンはケーキを予約して取りに来るお客さんのために、警備員が出動するほどの人気のお店です。ぜひ要チェックしておいて、今年のクリスマスに一度ご賞味くださいませ!(約1年後ですが…)

 

 

最近の移動販売のスイーツ屋さん

どうも、ゆずゆのパパです。

 

今回は、移動販売について取り上げたいと思います。

 

みなさんは、移動販売と聞いてどんなことを思い浮かべますか?また、最近どんな移動販売のお店に出会いましたか?

 

僕は移動販売と聞くと、真っ先に思い浮かぶのが「クレープ」屋さんです。小さいころ、街のショッピングモールやイベント会場で見かけたクレープ屋さんにとても憧れた時期がありました。

薄く延ばして焼いた生地に生クリームとフルーツが入って、カラフルなチョコスプレーかかっている、とてもシンプルなクレープでしたが、何とも言えない特別感があるスイーツだったのを子供ながらに覚えています。

 

そんな、移動販売でのスイーツですが、店舗販売にはない魅力があります。それは、「食べ歩き」ができることです。基本的に店舗販売は、お持ち帰りだと思います。しかし、移動販売はその場で買って、その場で食べる。もしくは、歩きながら食べることができる、手軽さが魅力です。

 

移動販売するお店にとってもメリットがあります。それは、お客さんがお客さんを集めてくれるということです。つまり、お客さんが食べている商品や食べている光景、実演販売の様子が直接、お客さんの目に訴えて、購買意欲を高めてくれるということです。

 

簡単に言うと、行列ができるお店はみなさん気になりますよね。それと一緒です。

 

ということで、今回ご紹介したいのはこちら▼

移動販売のお店で実際に行列ができていたお店です。

 

『IRO toridori 色とりどり』

 

さんです。

 

地元の生産者の方々が、心を込めて作った農産物や畜産物を取り入れたお菓子が自慢ということです。

 

実際に食べた商品はこちら▼(商品名は明確ではありません)

 

「スフレフルーツサンド」

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200204155633j:image

 

「スフレイチゴチョコサンド」

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200204155646j:image

 

行列ができるだけあって、とにかく美味しいです。

ふわふわスフレに包まれた、フルーツとクリームがたまらなくマッチしています。

 

なかなか、こちらのお店は地元以外で見かけることはできないと思います。

しかし、最近の移動販売のクオリティは素晴らしいのでお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょうか?

イベントなどに行くきっかけになると思います。

 

詳しいお店の情報はこちら▼

https://irotoridori.top/

コミュ障害でもいいですか?

どうも、ゆずゆのパパです。

 

突然ですが、みなさんには『友達』って呼べる人はいますか?

友達の基準は人によって様々です。友達と似た言葉に、『友人』『親友』などあるかと思います。

 

僕にとって、それらの言葉は友達よりもレベルの高いもので、友達よりも一歩先を行く言葉だと思っています。このような話題は、友達とするのが普通なのかもしれないけど、それができない僕はブログで思いを吐き出させてもらいます。

 

昔から無口だった

子供の頃(中学生くらいまで)は、よく一緒に遊ぶ人=友達と呼んでいました。

 

しかし、高校→大学→社会人になるにつれて、よく一緒に遊ぶ人が必ずしも友達ではないと思うようになりました。

それを知った僕は友達と呼べる人もいなければ、よく一緒に遊ぶ人も全くいないことに気付きました。

 

もともとコミュニケーションがうまく取れない子供だったんだと、今になって思います。みんなと外で遊ぶことが好きだった少年時代、ゲームやアニメが流行りだしました。僕は特に興味を持つことができず、話についていけませんでした。次第にグループから離れるようになり、孤独感を味わっていたのを覚えています。

 

疎外感でいっぱいだった少年時代を過ごした僕は、高校でも特に仲が良い友達を見つけることができずに、なんとなく学校生活を過ごしてしまいました。

 

夢の大学デビュー

このままではいけないと思い、奮起した大学生活が始まりました。高校までイケてない奴ほど大学では頑張っちゃうものです。僕もそれなにりサークルに入り、グループの仲間たちと活動を共にするようになります。

 

しかしそこでも、友達との関係を深めることができません。卒業してすぐに一方的に関係を断ち切ってしまいました。大人になった今では、連絡先も知らないただの同級生というカテゴリーに入っています。

 

気を遣わないで一緒に遊べるのが友達だと仮定すると、誰に対しても気を遣う僕には、友達などできるはずがありません。社会人になってからもそれは変わることなく、ずっとこれまで生きてきました。人付き合いが苦手というレベルではない気さえしてきました。

 

仕事が続かない

社会に出てからも、周囲の共通の話題にもついていけず、雑談ができない僕は会社でも常に1人でいることが多くなります。もちろん、仕事も会議も電話対応もできません。

 

結局、仕事はコミュニケーションができることが最低限必要です。僕はそれが極端に苦手です。そのため、社会人になって初めて就職した会社をわずか9ヶ月で辞めてしまいます。

 

その後も転職しては辞めるを繰り返してしまいました。

なぜ、僕は仕事が続かないのだろうと何度も悩みましたが、答えが見つかりません。

心が弱いせいだと思って自分を責めることもありました。

 

もしくは、友達に裏切られた経験が、友達を必要としない考えにさせているのではないか。それで、コミュニケーション能力が養われてこなかったのではないのかと色々なことを考えました。

 

原因は発達障害

事態が一気に変わったのは、9回目の転職先での出来事からです。入院を同月に2回するほどストレスが溜まっていました。そこから適応障害なり、その後発達障害と診断されます。中でも、自閉症スペクトラム障害(ASD)という診断名でした。

 

ご存じの方もいるかもしれませんが、自閉症スペクトラム障害(ASD)【コミュニケーション障害】を伴います。

 

これが原因だったんだとわかった僕は、変な安心感でいっぱいになりました。これまでの【生きづらさ】の原因を知ったことで、これから始まる新しい人生をどう過ごすかが重要になります。まだまだ模索中ですが、ブログを始めたこと自体、前に進んでいる証拠です。

 

寂しがり屋の一人好き

【コミュニケーション障害】があっても、やっぱり友達は欲しいです。あんまりみんなの会話に参加できなくても、その場にいることだけで楽しいこともあります。

 

しかし、積極的に参加を呼びかけられてもストレスを感じてしまいます。自分でもそんな嫌な部分を持っているのがわかっているので、友達を積極的に作ろうとしてこなかったんだと思います。

おそらくずっと、このスタンスで人生を送っていくことになるのではないでしょうか。僕を理解してくれる人以外とは仲良くなれないと、脳が勝手に思わせてしまうのです。

 

だから、僕のこれからの人生は、流れに逆らわないことを信念として生きていきたいと思います。人付き合いで人生もがき苦しむくらいなら、楽しく生きなきゃ損だと思えるようになりました。自然と友達になるのは僕には難しいようです。

 

僕のように悩んでいる方もいると思います。

自閉症スペクトラム障害(ASD)「僕で良ければ友達になってくれませんか?」

これが本音です。

 

みなさんも、【生きづらさ】を感じていると思いますが、無理をしないでください。僕のようにならないでください。【なんとかなるさの精神】が少しだけでも届くことを願っています。

 

このパン屋さん行ってみて!

どうも、ゆずゆのパパです。

 

最近、僕のブログの内容は、パンやケーキなどスイーツ系の投稿が多くなっています。

それには、理由があります。

 

心療内科への通院が月に1~2回に減ったからです。そのため、通院記録の投稿よりも、休職中の過ごし方や雑記ブログが中心になってます。

 

通院回数が減ったということは、僕の【精神状態】が落ち着いていることを意味しているので、社会復帰に向けての準備も進めていける状態であるということです。むしろ、良い傾向だと思います。

 

ということで、今回もおすすめの美味しいパン屋さんを見つけたので、みなさんで応援しちゃいましょう!

 

今回ご紹介するのはこちら▼

 

石窯夢工房 粉とクリームさんです!

 

地元では、愛称『粉クリ』と呼ばれ、親しまれているお店です。

 

今回、チョイスした商品は3品です▼

 

『フランバワーズクロワッサン』 

見た目のインパクト大ですね。 外側の皮がパリッパリで中はふっくらのクロワッサン。フランボワーズのジャムが入っていて、生地にも練りこまれています。甘酸っぱさがクセになる大人の味です。

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200202045855j:image

 

『メープルフレンチ』

 これは是非、焼きたてを食べてほしいです。メープルの甘さがパンに浸み込んでいて、しっとりもちもちとした生地があとをひく美味しさです。

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200202045911j:image

 

『ホイップメロン』

 普通のメロンパンよりもちょっと贅沢なホイップとチョコがかかったメロンパンです。想像していたよりもあっさりとした甘さだったので、もう一つ食べたかったです。

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200202045924j:image

 

いかがでしたか?

今日のランチはパンにしよう!って思っていただけましたか?

 

食べることに最近、幸せを感じてきました。

ゆっくりですが、社会復帰してお金を稼いで好きなものを食べて、ストレスの少ない生活を送るのが今の目標です。

 

みなさんも、美味しいスイーツを食べて癒されちゃいましょうね。

 

詳しいお店の情報はこちら▼

http://konakuri.com/shop/

即買い必須!かわいい【映えケーキ】!

 どうも、ゆずゆのパパです。

 

今回は、全国的にも栗🌰で有名な茨城県笠間市にあるケーキ屋さんのご紹介です。

 

お店の名前は

 

お菓子のお店 『くりーむさんです!

 

街のケーキ屋さんって感じの小さなお店でした。ケーキの種類は多くはないですが、一つひとつが丁寧に作ってあって、個性がある、とっても魅力的なケーキばかりです!

 

もちろん、栗🌰を使用したモンブランのケーキやお菓子も人気ですよ!

 

しかし、今回は【映え】を意識して、こんな感じのケーキを買ってみました。

 

f:id:omukosaaanlife-by-yuzuyu-no-papa:20200126070836j:image

 

なんということでしょう!

オシャレで美味しそうなケーキではありませんか!

 

ケーキの上の、小さなマカロンの可愛らしさに、スイーツ男子でもやられちゃいました!

 

このケーキは、『大人向け』と書いてあった通り、甘酸っぱいベリー系の味でした。とっても美味しかったです。

 

笠間市は陶芸でも有名で、毎年陶芸のイベントを開催しています。その他、栗🌰のイベントも開催しています。遠方からのお客さんもいらっしゃるので、その際にでも是非、お店の味を堪能してください!

1個80円!昔ながらの手作り【大福】!

 

どうも、ゆずゆのパパです。

 

突然ですが、冬になると甘いものが止まらなくなりませんか?

もうすぐ、バレンタインということもあり、なぜか勝手にソワソワしている自分がとっても気持ち悪いです...。

 

今回も、甘いものつながりで美味しいものをピックアップしたいと思います。

 

では早速、紹介するお店は、

 

大黒屋さんです!

 

お店の名前からしていかにも、昔のお店って感じがしますね。

何のお店といわれると、回答に困ります。言い方は悪いですが、寂れてしまった駅前の商店街にある、昔ながらの和菓子とそれ以外の何かを販売しているお店です。

 

最近の、どこもオシャレで美味しい洋菓子店とは全く異なる、穴場的な和菓子店といってもいいのではないでしょうか。

 

イメージしやすいように例えると、「ちびまる子ちゃん」などの昭和のアニメに出てくる、駄菓子屋さんのような雰囲気の和菓子屋さんです。

 

分かりにくいので、とにかく一言でいうと、【大福】が美味しいお店です!

 

しかも、1個80円という安さに驚きです!今の時代、手作りの和菓子で、この安さは感動さえ覚えました!しかも、美味しい!

 

味の感想は、あんこが甘すぎない、やさしい甘さ。それに加えて絶妙な塩加減が食べていて幸せになります。そして、やわらかくてもちもちの食感がやみつきです!

 

取り揃えている商品は多くありません。むしろ少ないと感じます。

 

【大福】以外にも慶弔事に必要な、お赤飯があったり、季節によって草もちなども置いてあります。僕を含め、今の若い人は聞いたこともない、珍しい和菓子が置いてあり、和菓子好きにはちょっと楽しくなりました。

 

ホームページはもちろんありません。

最寄りの駅はJR水戸線岩瀬駅です。

気になった方は是非、一度足を運んでみてください。

 

なぜ今回、和菓子を取り上げたかというと、最近見たニュース番組の特集です。

 

そこでは、日本橋高島屋のイタリア人和菓子バイヤー「ジュンティーニ・キアラ」さんが登場していました。

 

『和菓子なのにイタリア人???』

 と、最初は驚きましたが、彼女は全国を飛び回り、日本の魅力の一つである和菓子を世界に広めたいと語っていました。

 

しかも、日本の若い人が和菓子離れになっていて寂しい。もっと和菓子を知ってほしいとも語っていました。

 

日本人が忘れてしまった、日本の魅力を、海外の人に教えてもらえた気がしました。

 

 

【発達障害】は遺伝するの?

どうも、ゆずゆのパパです。

 

僕は発達障害と診断されて以来、ずっと気になっていることがあります。

それは、発達障害】は遺伝するのか?ということです。

 

結論から言うと、

少なくとも、「遺伝のせいで発達障害が発現した」

というのは正確ではないということです。

単純に親から子へと遺伝するものではないとも言われています。

 

参考にしたのはこちら▼

h-navi.jp

 

しかし、

「遺伝は常に念頭におくべき」

さらに、

「発達障害は他のすべての精神障害(統合失調症、双極性障害、不安障害など)と比べて最も遺伝しやすい」

 

「 発達障害児の家族には、殆ど(80〜90%)発達障害者がいることを忘れずに」

 

とも言われています。

 

参考にしたのはこちら▼

https://www.congre.co.jp/jaslht2018/top/document.pdf

 

 

心療内科で言われた気になること 

実際に遺伝が原因なのか専門家ではないので、僕にはわかりません。

 

僕がなぜ、遺伝について心配しているのかというと、現在の僕が遺伝によって発達障害になっているかもしれないと思う出来事があったからです。

 

それは先日、妻と母親を連れて心療内科へ行った際、先生から言われたのが、

「親族に障害をお持ちの方はいますか?」

と聞かれたことです。

 

知らされていなかった事実が判明しました。僕の親族に軽度の【知的障害】の人がいたのです。ますます、遺伝を疑ってしまう出来事です。

 

そうなると、自分の子供にも遺伝しているのではないかといった、新たな悩みが生まれてきます。僕が社会で【生きづらさ】を感じてこれまで人生を送ってきたのを考えると、同じ道を歩んでほしくないと願うのが親としての本音です。

 

定期的に子供の検診が実施されています。その時は、必ず過去に自分が自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された経験があることを医師に伝えたいと思います。

 

まだ、僕の子供に発達障害があると決まったわけではありませんが、もしあるとしたら、【生きづらさ】の経験者として1番の理解者でありたいと思います。

 

早めに専門的な支援をしていけば、日常生活における困難さを軽減できると思っています。また、充実した学校生活を送り、社会でも自立できると信じています。

 

僕みたいな悩みを抱えていても、生きていきやすい社会になることを願っています。それは、将来の子供たちのために。